山手線が16日に一部区間運休 新駅開業線路切り替えで 56万人に影響の恐れ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR山手線は16日の始発から午後4時ごろまで、大崎―東京―上野間で運休となる。新駅「高輪ゲートウェイ」の開業に向けた品川駅の線路切り替え工事のためで、山手線が工事で運転を見合わせるのは1987年の国鉄民営化後初めて。約56万人に影響するとみられる。京浜東北線も工事の影響で田町―品川間で終日運休する。

 JR東日本によると、工事は山手線の内回りと外回り、京浜東北線大宮方面行きの計3線の線路を同時に切り替え、来春開業の高輪ゲートウェイ駅を通るようにするもの。15日の終電後に始めるが、大規模な工事のため1日以上かかるとしている。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集