メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンボジア地雷除去で殉職の住民7人に「新しい慰霊塔を」 NPO呼びかけ

慰霊塔内の7人の遺影。「二度と殉職者は出さず、自分の没後は写真を飾ってもらって彼らと再会する」。高山さんの願いで1人分は空けている=国際地雷処理・地域復興支援の会提供

 カンボジアで地雷処理を続けながら復興を支援する松山市の認定NPO「国際地雷処理・地域復興支援の会」は12月26日まで、インターネットのクラウドファンディング(CF)で個人出資を呼びかけている。目標は200万円。12年前に地雷探知中の事故で殉職した7人の地元住民の慰霊塔を新たに建て、支援者から寄せられた地蔵を供える。「7人を忘れぬことは活動の根幹。塔を守り抜いて日本人の誠意を示したい」という。

 「地雷がなくなったとしても、悲しい記憶はなくさない」。支援の会理事長兼現地代表の高山良二さん(72)の言葉だ。自衛官だった高山さんは1992~93年にカンボジアで行われた日本初の国連平和維持活動(PKO)に参加し、2002年の退官後も同国と日本を行き来して地雷除去を続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです