メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いち早く1位指名を知る男 プロ野球・ドラフト司会者に聞く 最も印象に残る選手とドラマの舞台裏

2009年からプロ野球ドラフト会議の司会進行を務める関野浩之さん=東京都新宿区で2019年11月11日、根岸基弘撮影

 いくつものドラマが生まれてきたプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議。今年も107人が指名を受け、プロの世界へと旅立つ。その運命の舞台で司会進行を務め、名前を読み上げるのがフリーアナウンサーの関野浩之さん(57)だ。1位指名を誰よりも早く知り、緊張感に包まれる会場で臨場感たっぷりに伝える声は、プロ野球ファンの間ではおなじみになっている。どうやって1位指名を知り、どんな思いで読み上げているのか。最も印象に残る選手は? 今年で丸10年を迎えた声の主に、数々のドラマの舞台裏を聞いた。【村上正/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り4217文字(全文4477文字)

村上正

毎日新聞東京本社運動部。1984年、神戸市生まれ。2007年入社。舞鶴支局、神戸支局を経て、大阪本社社会部では府警などを担当。東京運動部では17年4月から水泳やサーフィンを担当。16年リオデジャネイロ五輪を取材した感動から、長女に「リオ」と命名した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです