メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古代文字を歩く

/4止 ロゼッタストーン、謎解きの道標 大英博物館 -他言語にヒント-

ロンドンの大英博物館に展示されているロゼッタストーン。ヒエログリフ解読のきっかけとなった=ロンドンの大英博物館で

 ロンドンの大英博物館。「ロゼッタストーン」が展示されたガラスケースの前はいつも人だかりがしている。縦112センチ、横75センチ、厚さ28センチの石柱には、上から順に古代エジプトのヒエログリフ(神聖文字)、それを簡略化したデモティック(民衆文字)、そしてギリシャ文字が3段に分けて刻まれている。【カイロ篠田航一】

 1799年、エジプト遠征中のナポレオン率いるフランス軍が、北部ロゼッタ(アラビア語名ラシード)で発見。その後フランス軍を破った英国軍が戦利品として持ち帰った。

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです