メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古代文字を歩く

/4止 ロゼッタストーン、謎解きの道標 大英博物館 -他言語にヒント-

ロンドンの大英博物館に展示されているロゼッタストーン。ヒエログリフ解読のきっかけとなった=ロンドンの大英博物館で

 ロンドンの大英博物館。「ロゼッタストーン」が展示されたガラスケースの前はいつも人だかりがしている。縦112センチ、横75センチ、厚さ28センチの石柱には、上から順に古代エジプトのヒエログリフ(神聖文字)、それを簡略化したデモティック(民衆文字)、そしてギリシャ文字が3段に分けて刻まれている。【カイロ篠田航一】

 1799年、エジプト遠征中のナポレオン率いるフランス軍が、北部ロゼッタ(アラビア語名ラシード)で発見。その後フランス軍を破った英国軍が戦利品として持ち帰った。

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです