メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

安倍「最長政権」の功罪

 安倍晋三首相の首相としての通算在任日数が今月19日、第1次政権を含めて2886日となり、桂太郎元首相と並び歴代トップとなる。衆参両院の選挙戦を勝ち続けて安定基盤を築いた安倍首相は8年近く政権を運営してきた。「最長政権」は何をもたらし、何を残したのか。長期政権の功罪について、3人の識者に話を聞いた。

 長期政権のメリットは長期的な視点で物事を考えられること、そして、一つのテーマに時間をかけて取り組めることだ。その利点を最もいかせるのが外交で、戦後の長期政権は日本の平和のために大きな役割を果たしてきた。吉田茂元首相はサンフランシスコ講和条約を結び、佐藤栄作元首相は非核三原則を表明し、沖縄返還を実現した。現状を冷静に分析し、一貫した姿勢で取り組んだことが政権の実績となってきた。

 では、安倍晋三首相はどうか。世界中を回っているが、それが実っているとは言いがたい。トランプ米大統領とは仲良くしているが、大統領の本音は「自国さえ良ければいい」だ。迎合すればするほど、日本は他国から反感を持たれる。ロシアとの北方領土問題解決のめどもまったく立っていない。対中国では、北東アジアの平和と安定につながる中身のある関係は築けていない。腰を据えて取り組んでいないので、結果を出せるわけがない。

この記事は有料記事です。

残り3915文字(全文4455文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです