メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

太宰の墓に誘われて

太宰治の墓前に座る長江曜子・聖徳大教授。供花は新しくファンがたえず墓参りしていることがわかる=東京都三鷹市の禅林寺で

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 「お墓博士」の長江曜子・聖徳大教授と行く墓めぐりリポート。第3回はどこにしようか。先生と話していて太宰治(1909~48年)がいいかも、となった。今年は生誕110年に当たるし、蜷川実花監督の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」も9月に公開された。雲一つない墓参り日和、東京・三鷹駅で待ち合わせをした。

 墓のある禅林寺は駅から近い。15分ほど歩きながら、先生と話をした。最近の墓や葬儀事情、それから「死…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです