メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米トルコ 貿易交渉再開 首脳会談、シリア戦闘停止確認

 トランプ米大統領は13日、ホワイトハウスでトルコのエルドアン大統領と会談した。トルコ軍が10月上旬にシリア国境を越えてクルド人勢力を攻撃して以降、初めて対面した両首脳は、トルコがシリア北部での戦闘停止を維持することを確認。その上で、中断していた1000億ドル(約10兆8700億円)規模の貿易協定の交渉を再開することで一致した。米国が撤回を求めるトルコのロシア製地対空ミサイルS400導入問題について閣僚レベルで協議することでも合意した。

 トルコのシリア侵攻を受け、米国が対トルコ経済制裁を発表するなど両国関係は悪化していたが、トランプ氏は会談冒頭、「我々は友人で、互いの立場も理解している」と発言。エルドアン氏も会談後の共同記者会見で「両国の協調をさらに深める必要がある」と述べ、関係修復を強調した。

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです