メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護崩壊

2040年への序章/番外編 迫る都市部の危機 在宅医・小野沢滋氏に聞く

東京23区の要介護者数推移予測のグラフ。2060年には63.9万人に達するとみられている

 医療、介護危機が予想される2040年にかけて、私たちは何に備え、どんな選択をすればいいのか。亀田総合病院(千葉県鴨川市)で在宅医療部門をけん引し、現在は相模原市で在宅医療専門「みその生活支援クリニック」を運営する小野沢滋医師に聞いた。

 ――全国的に、高齢化率と要介護率が最も高まるのはいつごろでしょうか。

 首都圏では25年以降も高齢者が増え続け、40年から60年ごろまでピークが続きます。50年ごろには、第2の人口の塊である団塊ジュニア世代が後期高齢者になります。地方では、県庁所在地や中規模都市で30~40年ごろピークを迎えるでしょう。ただ、現在過疎と呼ばれる地域は高齢化のピークは過ぎ、あとは縮小するだけ。介護崩壊とは実は都市部の問題。高齢化がさらに進み、生産年齢人口が同時に減って要介護者をヘルプす…

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  3. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  4. 俳優のデビッド・プラウズさん死去 スター・ウォーズ「ダース・ベイダー」役

  5. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです