特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会 「地元帰れぬ分 首相配慮」参加者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
昨年の「桜を見る会」で配られた升。メルカリに多数出品されている=東京都千代田区で14日
昨年の「桜を見る会」で配られた升。メルカリに多数出品されている=東京都千代田区で14日

 「アイドルのファンミーティングみたいだった」。「桜を見る会」に複数回参加したことのある、安倍晋三首相の後援会関係者の男性が14日、毎日新聞の取材に応じた。東京都内在住の自営業の男性で、当日の様子や地元の事情を打ち明けた。

 男性は安倍政権になり毎年「見る会」に足を運んでおり、今春は家族と参加した。会場は招待状を示せば入場できるが、入り口で所持品のチェックがあるという。「参加者が年々増えてきている」と男性。今年も多くの政治家が「ああ、いつもどうも」とあいさつをして回り、テレビで見たことのある芸能人や有識者らしき人が目立った。華やいだ雰囲気が漂い、あちこちで写真撮影が行われていた。

 会場では焼き鳥などの食べ物のほか、日本酒が振る舞われる。箱入りのお菓子が置かれ、お土産用に持ち帰る人もいた。男性は「安倍首相は本当に忙しそうだった」と話す。「開始時刻前、貸し切りバスで駆けつけた後援会会員との撮影は恒例」。桜と安倍夫妻とともに撮影できるスポットを二つ用意し、それぞれ10人くらいの支援者がスタンバイする。その間を首相夫妻が何度も往復して撮影。「数メートルの距離だが、安倍さんが何度も…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文731文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集