メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大嘗宮の儀 闇の中、秘事粛々 光ほのか、浮かぶ列 高森明勅・国学院大講師、小田部雄次・静岡福祉大名誉教授の話

国民とつながり持つ 高森明勅(あきのり)・国学院大講師(神道学)の話

 即位以降続く国事行為の儀式は、憲法で定める「皇位の世襲」や「日本国の象徴」を確認する一方、国事行為でない大嘗祭は「国民統合の象徴」に応じた儀式だ。新天皇が新米を使って五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し、国や国民の安寧を祈る儀式は、天皇と国民が直接つながりを持つことに重要な意味がある…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  2. インターネット接続環境ない子ども、世界に13億人 情報格差に警鐘 ユニセフ

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです