メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童手当の使い道データに誤り 厚労省が報告書修正

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、武市公孝撮影

 厚生労働省が6年前にまとめた児童手当の使い道に関する調査報告書でページによってデータが食い違っていた問題で、同省は14日夜、データの間違いを訂正し、ホームページで公表した。

 厚労省は、2013年に公表した「平成24年児童手当の使途等に係る調査報告書」で、年収ごとに児童手当の使い道とその金額をアンケートした。このうち年収1000万円以上の世帯が「大人のおこづかいや遊興費」に…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです