児童手当の使い道データに誤り 厚労省が報告書修正

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、武市公孝撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、武市公孝撮影

 厚生労働省が6年前にまとめた児童手当の使い道に関する調査報告書でページによってデータが食い違っていた問題で、同省は14日夜、データの間違いを訂正し、ホームページで公表した。

 厚労省は、2013年に公表した「平成24年児童手当の使途等に係る調査報告書」で、年収ごとに児童手当の使い道とその金額をアンケートした。このうち年収1000万円以上の世帯が「大人のおこづかいや遊興費」に…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集