メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜を見る会「人数が多くなってきたことは反省」首相との主なやり取り

自身主催の「桜を見る会」を巡る問題について記者団の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2019年11月15日午後6時32分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相が15日夜、首相官邸で応じた記者団との主なやり取りは次の通り。

 首相 「桜を見る会」の前日に行われた夕食会について、事務所から今日報告を受けた。

 夕食会を含めて旅費・宿泊費などは参加者の自己負担で支払われていた。安倍事務所、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切なかった。旅費・宿泊費は参加者がそれぞれ旅行代理店に支払い、夕食会の費用は会場入り口の受付で安倍事務所職員が1人5000円を集金し、ホテル名義の領収書をその場で手交し、受け付け終了後に現金をホテルに渡していた。

 夕食会の価格設定が安過ぎるとの指摘があるが、「1人5000円」は(参加者の)大多数が当該ホテルの宿泊者であることなどを踏まえ、ホテル側が設定した価格だと報告を受けている。

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  2. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

  5. JR東日本vsホンダ熊本 第8日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです