メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コクヨ、ぺんてる子会社化目指し敵対的買収 ぺんてる反発「強い憤り」

コクヨのロゴマーク

 文具大手のコクヨは15日、筆記具メーカーぺんてるの株を過半数取得し、連結子会社化を目指すと発表した。1株3500円で既存株主から買い取り、現在の37・8%から50%超へ持ち株比率を高める考え。一方、ぺんてるは「決して容認できない。強い憤りを覚える」とのコメントを発表し、子会社化に抵抗する姿勢を示しており、敵対的買収となる。

 東京都内で記者会見したコクヨの黒田英邦社長は「コクヨ以外の第三者との間でぺんてるが資本提携を進めているとの情報があったため」と理由を説明した。黒田氏は社名を明らかにしなかったが、水面下で資本提携を進めていたのは文具メーカーのプラス(東京)とみられ、今後「ぺんてる争奪戦」に発展する可能性がある。プラスは「コメントを控える」としている。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです