メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BRICS閉幕 保護主義に懸念示す「ブラジリア宣言」採択

首脳会談で関係強化を表明したブラジルのボルソナロ大統領(右)と習近平・中国国家主席=ブラジリアで13日、AP

 ブラジルの首都ブラジリアで開かれていた新興5カ国(BRICS)首脳による一連の会議は14日、閉幕した。中国、ロシア、インド、ブラジル、南アフリカの5カ国首脳は、台頭する保護主義に懸念を示し、多国間貿易の重要性を訴える「ブラジリア宣言」を採択。「一国主義」の傾向を強めるトランプ米政権をけん制した。

 宣言は、トランプ政権を念頭に「貿易を巡る緊張や政治的な不確実性が貿易や投資、経済成長に影響を与えた」と指摘。5カ国は「世界貿易機関(WTO)を中心とした多…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです