メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連委、北朝鮮人権非難を決議 日本は共同提出を見送り

厳しい表情で各国の意見表明を聞く北朝鮮の金星国連大使(手前左)=米ニューヨークの国連本部で2019年11月14日、隅俊之撮影

 国連総会の第3委員会(人権)は14日、欧州連合(EU)が提出した北朝鮮の人権侵害を非難する決議案を採択した。同様の決議案の採択は2005年から15年連続。翌06年から日本はEUと決議案を共同提出してきたが、今回は日朝関係の打開に向けてそれを見送り、決議案への賛意を示す共同提案国となるにとどめた。

 安倍晋三首相が日朝首脳会談の実現を目指す方針を打ち出したことから…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです