メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

17歳少年、ボコ・ハラムから脱出「友達もできた。ずっとここにいたい」 ナイジェリア報告

ユニセフの社会復帰プログラムに参加する元少年兵の少年=ナイジェリア・ボルノ州マイドゥグリで2019年10月4日、山崎一輝撮影

 イスラム過激派の武装勢力「ボコ・ハラム」の襲撃で、約240万人が住む場所を追われ、難民・国内避難民となったアフリカ・ナイジェリア。襲われた経験を持つ子どもたちは、今も恐怖におびえながら生きている。

 17歳の少年は、2014年に同国北東部ゴンベ州のスーパーマーケットにいた時に拉致された。ボコ・ハラム…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. レバノン首都爆発、30万人帰宅できず 死者137人、負傷者5000人超に

  3. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  4. 首相、お盆帰省「注意を」 緊急事態宣言「状況にない」 広島で会見

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです