メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国防長官、韓国大統領にGSOMIA維持要請「失効で得するのは平壌と北京」

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は15日、韓国を訪問中のエスパー米国防長官と面会した。青瓦台(大統領府)によると、文氏は23日午前0時に失効する日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)に関し、「安保上信頼できないという理由で、輸出規制措置を取った日本に対する軍事情報共有は難しい」との韓国側の原則的な立場を改めて説明した。一方、エスパー氏はGSOMIAの維持が望ましいとの考えを文氏に直接、伝えた。

 青瓦台関係者は面会の雰囲気について「(GSOMIAについても)なんとか問題を解消するために努力しようとの雰囲気が強かった」と説明。「まだ日にちが残っており、GSOMIA終了が決定したかのようにみるのも正しくない。我々もこの状況が良くなることを望んでいる」とも強調した。米国側からGSOMIA破棄の撤回を求める動きが相次ぐ中、現時点で明確な立場を表明することは避けたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです