メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「子どもの成長見られる」 山梨県庁がテレワーク 導入後、延べ750人経験

自宅で仕事をする山梨県職員の阿部純さん=甲府市で2019年10月18日、高田奈実撮影

 働き方改革に取り組む山梨県は今年7月、場所や時間にとらわれずに働くテレワーク制度を導入した。9月末までに延べ約750人が在宅勤務などを経験し、職員からは「効率的に仕事に取り組める」と好評だ。

 10月18日、県健康増進課主任の阿部純さん(40)は甲府市の自宅でパソコンに向き合っていた。テレワークを活用するのは2回目。専用ソフトが入った私有パソコンから県庁のネットワークに接続し、午前8時半に仕事を始めた。昼休みは1時間遅らせ、午後1時半過ぎに近くの幼稚園に長男(6)を迎えに行った。「今年は幼稚園最後の年。成長が見られるのは今だけ」とうれしそうに話し…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです