特集

ヘイトスピーチ

特定の民族や人種など人の尊厳を傷つけるヘイトスピーチは、どんな形であっても許されません。なくすためにはどうする?

特集一覧

構成要件を厳密化 「表現の自由」に配慮 川崎市「ヘイト」罰則条例

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
川崎市役所=川崎市川崎区で2019年3月5日、市村一夫撮影
川崎市役所=川崎市川崎区で2019年3月5日、市村一夫撮影

 川崎市は14日、市議会文教委員会で、ヘイトスピーチのデモに50万円以下の罰金を科す人権条例案の概要を明らかにした。6月に発表した「素案」を約1万8000通のパブリックコメントの結果などを反映して修正した。主に罰則を適用するための構成要件を厳密化したという。これを基にした条例案を12月議会に提出し、来年7月までの施行を目指す。

 市市民文化局が明らかにした変更後の素案では、道路や公園などの公共の場所で、「本邦以外の国や地域を特定し、その出身であること」を理由として「不当な差別的言動」をすることを禁止。具体的な禁止事項として、「本邦以外の出身者」について①居住する地域から退去させることを扇動・告知②生命や名誉、財産などに危害を加えることを扇動・告知③人以外のものに例えるなど、著しく侮辱――するといった行為を挙げている。拡声…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文721文字)

【ヘイトスピーチ】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集