メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浦賀奉行所「カマド跡」確認 遺構や遺物も多数見つかる 神奈川・横須賀

異国船対応という浦賀奉行所ならではの役割を痕跡としてとどめるカマド跡=2019年11月9日、神奈川県横須賀市西浦賀の奉行所跡地で岩崎信道撮影

 来年、開設300年となる浦賀奉行所。奉行所跡地で行われていた神奈川県横須賀市教委による発掘調査がほぼ終わり、異国船警備担当者への炊き出しに使ったカマド跡などが確認された。また、奉行所廃止後に建てられた浦賀船渠(せんきょ)工員宿舎と住友重工社宅の遺構や遺物も数多く見つかり、江戸から昭和にかけた時代の流れを感じさせる成果となった。【岩崎信道】

 浦賀奉行所は享保5(1720)年に下田から移転、開設された。異国船が来航し始めた江戸時代後期には海防の最前線となった。江戸湾内に入ってきた異国船を、奉行所の同心や漁民たちが乗り込んだ船が包囲、上陸を阻止した。日本人漂流民を乗せて1837年に来航した米国の商船モリソン号に対しては、奉行所近くの砲台から砲撃を行った。

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです