メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有名ブロガーHagexさん殺害 43歳被告に懲役20年求刑 福岡地裁公判

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で、平川昌範撮影

 福岡市で昨年6月、「Hagex(ハゲックス)」のハンドルネームで活動していた有名ブロガーでIT講師の岡本顕一郎さん(当時41歳)を刺殺したとして殺人罪などに問われた同市東区の無職、松本英光被告(43)の裁判員裁判が15日、福岡地裁(岡崎忠之裁判長)であり、検察側は懲役20年を求刑した。判決は20日。

 検察側はこれまでの公判で、被告が投稿サイトで他のユーザーを罵倒する書き込みを繰り返し、サイトの運営会社に何度もIDを凍結されたことが事件の発端と指摘。被告はID凍結を岡本さんを含む通報者によるネットリンチと思い、面識のない被害者を殺害した動機について「身勝手かつ理不尽極まりない」と主張していた。

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです