メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「神宮えと守」箱詰め作業が最盛期 伊勢神宮

最盛期を迎えた神宮えと守りの箱詰め作業=三重県伊勢市宇治館町の伊勢神宮頒布部第2奉製作所で2019年11月11日、小沢由紀撮影

 伊勢神宮(三重県伊勢市)で授与される来年のえと「子(ね)」の一刀彫、「神宮えと守(まもり)」の箱詰め作業が、伊勢市宇治館町の神宮司庁頒布部第2奉製所で最盛期を迎えている。

 神宮えと守は、特製えと(高さ9・5センチ、幅5・1センチ、奥行き9センチ、1万円)と一般えと(高さ7・2センチ、幅4・2センチ、奥行き7センチ、3000円)の…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです