メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第69期王将戦リーグ特選譜

藤井七段が快勝で王将挑戦まであと1勝に 久保九段は陥落決定

久保利明九段(右)と対局する藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館で2019年11月14日午前10時1分、梅田麻衣子撮影

 デビュー以来、将棋界の記録を次々と塗り替えてきた藤井聡太七段。王将戦リーグに初登場した今期は、タイトル挑戦最年少記録を塗り替えるかどうかも注目されている。

 羽生善治九段に勝つなど、リーグ戦では3勝1敗と結果を残し、5局目の対戦で迎える対戦相手は久保利明九段。勝てば、4勝1敗で先行する広瀬章人竜王と肩を並べ、19日に行われる最終局の直接対局が挑戦者決定戦となる。逆に敗れると3勝2敗となり、最終局に勝てば広瀬と肩を並べることができるが、一足先に15日に最終戦を迎える豊島将之名人が4勝2敗で終えると、リーグ順位の関係でプレーオフ進出さえできなくなる。リーグ終盤の大一番。すでに挑戦の可能性がない久保にとっても、残留には2連勝が必要で、こちらも大一番を迎えた。

 関西将棋会館では、この日順位戦B級1組、C級2組の対局も行われる対局の多い1日だった。【山村英樹】=▲が先手、△は後手

<第69期大阪王将杯王将戦リーグ3回戦>

2019年11月14日

持ち時間各4時間

場所・関西将棋会館

▲藤井聡太七段(3勝1敗)

△久保利明九段(1勝3敗)

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩

▲4八銀 △9四歩 ▲9六歩 △4二飛

▲6八玉 △7二銀 ▲5六歩1 △3二銀1

▲7八玉 △6四歩 ▲5八金右 △3三角

▲5七銀 △5二金左 ▲3六歩4 △6二玉

▲2五歩1 △7一玉1 ▲5五角5 △6三銀3

▲8八玉13 △4三銀1 ▲7七角5 △3二飛1

▲7八金5 △8二玉5 ▲6六歩6 △7二銀4

▲6七金右7△1二香3 ▲1六歩5 △5四歩9

▲3八飛18 △4二角7 ▲4六歩4 △1四歩1

▲9八香24 △2二飛5 ▲4五歩24(第1図)

 両者の対戦はこれまで4局あり、久保が3勝1敗とリードしている。今年8月にはNHK杯、銀河戦で2日連続対局があり、久保が連勝した。テレビ棋戦のため、放送はまったく違った日になったが、藤井の連敗は関係者間で話題になった。もっとも、2日連続(東京で!)同じ2人の対局が組まれること自体、2人がいかに忙しい日々を送っていたかがうかがえる。

 振り飛車党として第一線で活躍する久保は、さまざまな振り飛車のレパートリーを持っているが、本局は俗に「ノーマル四間飛車」と呼ばれる。大山十五世名人らが指していた通常の四間飛車だが、角交換振り飛車やゴキゲン中飛車などが流行する現代では、逆に目新しく見える。

 藤…

この記事は有料記事です。

残り1908文字(全文2908文字)

山村英樹

1981年入社。青森支局を経て1986年から東京学芸部で囲碁将棋などを担当。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです