油断禁物の「災害ごみ」 数カ月後でも発火の恐れ メカニズムに「微生物」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東日本大震災の災害ごみが山積みになっている仮置き場で起きた火災=宮城県名取市で、撮影日時不明(同県提供)
東日本大震災の災害ごみが山積みになっている仮置き場で起きた火災=宮城県名取市で、撮影日時不明(同県提供)

 台風19号の豪雨で浸水した家屋から出た災害ごみが原因で、福島県内で2件の火災が起きた。いずれもごみ置き場から出火し、ごみに混じった危険物などが原因とみられている。一方、過去にはごみの発生から数カ月以上経過して、火災が起きたこともあったといい、専門家は「災害数カ月後でも火災への注意が必要」と話す。その発火の仕組みとは……。【山下貴史/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1726文字(全文1907文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集