連載

南光の「偏愛」コレクション

落語家・桂南光さんは、仕事も趣味もとことんハマります。並々ならぬ情熱を注ぐ人々に話を聞きます。

連載一覧

南光の「偏愛」コレクション

男目線の「欲望の歴史」変えるのは料理-土井善晴さんとのトーク拡大版

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
対談する桂南光さんと料理研究家の土井善晴さん(右)=東京都千代田区で2019年10月29日、宮本明登撮影
対談する桂南光さんと料理研究家の土井善晴さん(右)=東京都千代田区で2019年10月29日、宮本明登撮影

 テレビの料理番組などでお茶の間におなじみの料理研究家・土井善晴さん。近年は自身のツイッターで、既成概念にとらわれない一品や献立を発信し、その柔軟な発想も注目を集めています。家庭料理の第一人者だった父の故・土井勝さんとの共演をきっかけに料理に目覚めた桂南光さんですが、意外にも今回の対談が善晴さんとの初顔合わせ。陶芸家・河井寛次郎ファンという共通点もあり、あっという間に意気投合すると、自由で楽しく、そして熱い、善晴さんの家庭料理論に耳を傾けました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り6555文字(全文6789文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集