メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

男目線の「欲望の歴史」変えるのは料理-土井善晴さんとのトーク拡大版

対談する桂南光さんと料理研究家の土井善晴さん(右)=東京都千代田区で2019年10月29日、宮本明登撮影

 テレビの料理番組などでお茶の間におなじみの料理研究家・土井善晴さん。近年は自身のツイッターで、既成概念にとらわれない一品や献立を発信し、その柔軟な発想も注目を集めています。家庭料理の第一人者だった父の故・土井勝さんとの共演をきっかけに料理に目覚めた桂南光さんですが、意外にも今回の対談が善晴さんとの初顔合わせ。陶芸家・河井寛次郎ファンという共通点もあり、あっという間に意気投合すると、自由で楽しく、そして熱い、善晴さんの家庭料理論に耳を傾けました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り6555文字(全文6789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです