連載

鳥飼さん

犬や猫と比べるとペットとしてはややマイナーな鳥。でも「思った以上に賢くてかわいい」と、その魅力にメロメロになる飼い主=「鳥飼(とりかい)さん」がジワジワと増えています。そんな愛鳥家の日常や鳥にまつわるエピソードを映像でお届けします。

連載一覧

鳥飼さん

(10)子供番組で歌のお姉さん 異色シンガーは文鳥マニア

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 愛鳥家の日常や鳥にまつわるエピソードを映像でお届けするシリーズ「鳥飼さん」も今回で10回目。節目の特別編に登場するのは、平成生まれの昭和歌謡好きとして知られる異色のシンガー・ソングライター、町あかりさんです。【聞き手・加藤隆寛】

魅力は「奥ゆかしさ」

 子供のころからとにかく動物が大好きで、小学校では飼育委員を務めていました。自分が掃除した小屋に入っていくニワトリを見るだけでうれしくてたまらなかったし、図書館にある動物の飼育本を片っ端から読みあさっては「もしうちで飼っていたらなあ……」と妄想しているような子だったんです。でも、親はあまり動物が好きではなくて、なかなか飼うことを許してもらえませんでした。ようやく小学校4年生の時、「英語塾にちゃんと通うなら、小鳥だったら飼ってもいいよ」と母が言ってくれて、取引成立。初めて文鳥が我が家にやってきました。

 インコもかわいいので迷ったんですが、なんとなく文鳥に興味を引かれたんですよね。カラフルでおしゃべりなインコが「アメリカン」だとしたら、文鳥は「和風」な感じ。あまりおしゃべりもしないし、性格もツンデレ。その奥ゆかしい感じがすごく魅力的に思えてきて、一度飼ったら文鳥しか飼えなくなってしまいました。今、飼っているブンたん(5歳)で3羽目になります。

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文1224文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集