メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥、ヘビ、魚…ナスカの地上絵新たに143点発見、AIも活用 山形大

[PR]

発見した全長100メートル以上の鳥の地上絵について説明する山形大の坂井正人教授=山形市小白川町1の山形大で2019年11月15日午後2時5分、的野暁撮影

 山形大は15日、世界遺産「ナスカの地上絵」で知られる南米ペルーのナスカ台地で、同大の坂井正人教授(文化人類学・アンデス考古学)らが新たに143点の地上絵を発見したと発表した。これまで見つかっていた約70点の約2倍の数となる。このうち1点は日本IBM(東京都中央区)のAI(人工知能)を活用して見つけた。

 2016~18年の現地調査で、主にナスカ台地西部で紀元前100年~紀元300年ごろに描かれたと考えられる絵を142点確認した。人間や鳥、猿、魚、ヘビ、キツネ、ネコ科動物、ラクダ科動物などが描かれており、最も大きいのは全長100メートル以上の鳥とみられる絵。土器の破壊儀礼を行った空間と考えられるという。

 さらに、日本IBMとの共同実験で同大の持つ空撮写真などのデータをAIで分析したところ、地上絵の候補が多数示され、このうち同大の19年の現地調査で全長約5メートルの人型の絵1点を確認した。つえを持った人が二本足で立つ構図で、移動する際の道しるべとして利用されたと考えられるという。

 地上絵を見つける作業はAIの活用で加速できるといい、記者会見した坂井教授は「共同研究で地上絵の分布図ができることを期待している。制作目的の解明や保護活動に活用したい」と話した。【的野暁】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです