メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有名ブロガー殺害公判 被害者の妻「私の人生は根底から壊された」

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で、平川昌範撮影

 福岡市で昨年6月に有名ブロガーでIT講師の男性を刺殺したとして殺人罪などに問われた同市東区の無職、松本英光被告(43)の裁判員裁判が15日、福岡地裁(岡崎忠之裁判長)であった。検察側は「ネット上の言論を封殺する理不尽極まりない犯行」などとして懲役20年を求刑。弁護側は、被告の精神的な障害を訴えて刑の減軽を求め、結審した。判決は20日。

 起訴状などによると、松本被告は昨年6月24日午後8時ごろ、同市中央区の市の起業支援施設でITセミナー講師の岡本顕一郎さん(当時41歳)=東京都江東区=の首や胸をナイフで多数回突き刺し、殺害したなどとされる。岡本さんは「Hagex(ハゲックス)」のハンドルネームで知られる有名ブロガーでもあった。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです