平等院鳳凰堂がライトアップ 阿弥陀如来坐像など厳かに照らす

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ライトアップされた平等院鳳凰堂=京都府宇治市で2019年11月15日午後6時46分、幾島健太郎撮影
ライトアップされた平等院鳳凰堂=京都府宇治市で2019年11月15日午後6時46分、幾島健太郎撮影

 京都府宇治市の世界遺産・平等院で15日、国宝の鳳凰堂(ほうおうどう)がライトアップされ、本尊の阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)や屋根上の鳳凰像などが、色づき始めた約200本のモミジと共に浮かび上がった。

 16日からの夜間特別拝観を前に、報道陣に公開された。今年は世界遺産25周年を記念し、太陽…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文325文字)

あわせて読みたい

注目の特集