メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィリピンの戦没者遺骨も取り違え 日本人でない10人、指摘も放置

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 シベリア抑留者の遺骨を厚生労働省が外国人のものと取り違えた問題に絡み、厚労省は15日、フィリピンで2008~10年度の3年間に収容した戦没者約1万5000人分のうち、鑑定を実施した10人分についても全て日本人のものではなかったと発表した。約8年前に専門家から「日本人の遺骨ではない」と指摘されたが、シベリアと同じように事実上、放置していた。今後、再鑑定する方針。

 厚労省によると、DNA鑑定で個人の身元特定が可能かどうか調べる目的で10人分の歯を持ち帰った。フィリピンでの遺骨収容は10年10月、「現地人の遺骨が混入していた」とする報道を受けて一時中断。11年6月に鑑定の専門家会議が「日本人の遺骨ではない」と指摘したが、厚労省が同10月にまとめた検証報告書では、取り違えた事実は記載されなかったという。

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです