メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪南スーダン選手団が来日 約8カ月間の事前キャンプ 前橋

南スーダン選手団と山本龍前橋市長(右から3番目)=前橋市役所で2019年11月15日午後3時14分、菊池陽南子撮影

 「とにかく『ありがとう』と市民の皆さんに伝えたい」。2020年東京五輪・パラリンピックに出場する南スーダンの選手団が15日、同国のホストタウンである前橋市の市役所を表敬訪問した。選手村に入るまでの約8カ月間、事前キャンプをする。1955年から断続的に続いた紛争の影響で過酷な練習環境を強いられた選手団の受け入れ先に前橋市が手を挙げた。市は第二次大戦で空襲を受けて復興した経験から「今度は私たちが助ける番です」と支援に回る。

 選手団は14日に来日した。陸上競技の男女3人とパラリンピックの男子1人、コーチの計5人。男子400メートル障害のアクーン・ジョセフ・アクーン・アクーン選手(17)は「日本に着いた時にたくさんの人に迎えられ、母国のように感じた。五輪に向けてベストを尽くしたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです