メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日大アメフト部悪質反則、内田前監督ら3人を不起訴 地検立川支部

日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督=羽田空港で2018年5月19日午後7時3分、丸山博撮影

 アメリカンフットボールの試合で日本大の選手が悪質なタックルをした事件で、東京地検立川支部は15日、タックルをして傷害容疑で書類送検された宮川泰介選手(21)と、同容疑で刑事告訴されていた内田正人前監督(64)と井上奨(つとむ)元コーチ(30)をいずれも不起訴処分とした。宮川選手が起訴猶予、内田前監督と井上元コーチは容疑不十分。

 立川支部は処分理由について、選手については「被害者との示談が成立していること」を挙げ、前監督と元コーチは「(選手を含めた)3者のやりとりなどを捜査した結果、選手との共謀を認めるには疑いが残ると判断した」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです