メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内田前監督「厳正中立な立場で事実解明、警察、検察庁に深い敬意」と所感 関東学連と第三者委に不満も

日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督=羽田空港で2018年5月19日午後7時3分、丸山博撮影

 アメリカンフットボールの試合で日本大の選手が悪質なタックルをした事件で、東京地検立川支部は15日、タックルをして傷害容疑で書類送検された宮川泰介選手(21)と、同容疑で刑事告訴されていた内田正人前監督(64)と井上奨(つとむ)元コーチ(30)をいずれも不起訴処分とした。内田前監督は代理人の弁護士を通じて以下の「所感」を発表した。

 伝統ある日本大学アメリカンフットボール部・フェニックスを率いる立場にありながら、今回の事件で、日本大学及び学生スポーツに対する社会の信頼を低下させたことについ…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです