メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドラフト組2投手から2打点 東海大札幌・赤尾「やってやろうと」明治神宮野球大会

 明治神宮野球大会が15日、神宮球場で開幕し、大学の部1回戦で東海大札幌(北海道)が大商大(関西第2)に2―0で勝った。東海大札幌は17日の2回戦で慶大(東京六)と対戦する。

 東海大札幌の5番・赤尾光祐(3年・東海大相模)が10月のプロ野球ドラフト会議で指名された2投手から全2打点をたたき出した。「相手の方が前評判が上だったので、やってやろうという思いだった」と振り返った。

 一回1死満塁は、ヤクルト4位指名の右腕・大西広樹(4年・大商大高)のフォークに食らいついて、先制の左前打。七回1死一、二塁では、中日ドラフト2位指名の左腕・橋本侑樹(4年・大垣日大)の内角カットボールをとらえて、中前適時打とした。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  4. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  5. 枝野氏が政権構想案 再分配機能強化訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです