メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

取られたら取り返す 韓国五回猛攻一気7点 「決勝」「五輪」手中に

 野球の東京五輪予選を兼ねた国際大会「第2回プレミア12」は15日、東京ドームで2次ラウンド2試合が行われた。前回覇者の韓国(1次ラウンドC組1位)がメキシコ(A組1位)を7―3で降し、2次ラウンドの対戦成績を3勝1敗とした。この結果、日本(3勝1敗、B組1位)と韓国が17日の決勝に進んだ。韓国は東京五輪の出場権も獲得した。

 スキを逃さず、一気にたたみかけた。韓国は2点を先取された直後の五回、打者11人の猛攻で7点を奪い、試合をひっくり返した。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです