メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

ライド 成熟に至る人間的復活

ロックバンド「ライド」=撮影:岸田哲平

 <楽庫(らっこ)>

 今や再結成するバンドは珍しくもなんともないが、その意味や意義というものには、ざっくり分けてふたつあるように思う。ひとつは、ノスタルジーで往年のファンと再びつながり、バンドの存在価値に改めて光を当てること。もうひとつは、あくまで同時代のバンドとして、新しいキャリアの構築に挑むこと。ほとんどの場合、復活を望む声に後押しされるわけだし、前者が多いのは自然なことかもしれない。でもライドに関しては、明らかに後者と言える。

 2014年に19年ぶりの再結成を果たした彼らが、復活後2作目「ディス・イズ・ノット・ア・セイフ・プ…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです