メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・見聞読

二胡で演歌歌謡曲ほか

ジャー・パンファン

 <楽庫(らっこ)>

 ♪二胡で演歌歌謡曲

 中国伝統楽器の二胡(にこ)の魅力を、1980年代から日本に紹介してきた黒竜江省出身のジャー・パンファン(賈鵬芳)が、演歌歌謡曲の名曲を二胡の演奏で生まれ変わらせた「こころふれあいⅣ~二胡が奏でる和の心」(ユニバーサル)を発表した。

 「こころふれあい」シリーズは、ポピュラーのカバー集で、これまでに海外のスタンダードや日本のヒットポップスを収録してきた。今回は、「津軽海峡・冬景色」「北の宿から」「氷雨」「川の流れのように」など演歌の名曲を中心に「さらばシベリア鉄道」「冬のリヴィエラ」と2作の大滝詠一曲を収録した。

 二胡の哀愁あふれる音色は、昔から演歌の伴奏の彩りに使われることは多かったが、このジャー作品のように正面から取り上げる例は逆に少なかった。ジャーは、つややかな音色で情感豊かに歌うように演奏し、名曲に新たな表情を与える。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです