メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写scene

シンボルは輝き続ける 鳥取・日南

大イチョウの下で読書する女性=鳥取県日南町で2019年11月9日、猪飼健史撮影

 鳥取県日南町の旧日野上(ひのかみ)小学校の校庭に、1本の大イチョウがどっしりと根を下ろしている。樹齢は100年を超え、今の時期、黄金色に染まった葉が夕日でキラキラと輝く。

 樹高は約20メートルもあり、町のシンボルとして愛されてきた。少子化によって2009年3月に小学校が閉校してからも、地域住民が落…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

  5. 墜落の737MAX、ソフトにまた不具合 運航再開遅れる可能性 ボーイング公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです