メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハクチョウ飛来 東庄「八丁堰」 /千葉

八丁堰に飛来したハクチョウ=千葉県東庄町夏目で

 東庄町夏目のかんがい用ため池「八丁堰(せき)」(通称・夏目の堰)に数百羽のハクチョウが越冬のためシベリア方面から飛来している。

 観察を続けている地元の人たちによると、今年は10月の20日過ぎに飛来が確認された。現在は300羽超で、くちばしの特徴などから大半がコハクチョウと推定される。同町産業振興係…

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文252文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  2. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  3. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  4. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

  5. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです