メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望の火、京都出発 東京へ、西本願寺で平和祈り /京都

希望の火を前に出発式であいさつするアースキャラバンのサイクリストたち=京都市下京区の西本願寺で、矢倉健次撮影

 来日するフランシスコ・ローマ法王が、25日に東京ドーム(東京都文京区)で開催するミサでともされる「希望の火」が15日、約1カ月とどまっていた京都市を出発した。

 NPO法人アースキャラバン(京都市東山区)が企画したプロジェクトで、希望の火は、長崎市の「誓いの火」▽福岡県八女市の「広島原爆の残り火」▽広島市の「平和の灯(ともしび)」――を合わせた火に各地の寺院、教会、市役所などで平和への祈りがささげられてきた。

 この日は浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(京都市下京区)の御影堂にアースキャラバンの代表者らが参拝…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです