メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加茂東原遺跡 縄文から近世、生活痕跡 古墳・飛鳥時代の竪穴住居跡見つかる 東みよし /徳島

集落形成の営み解明へ きょう現地説明会

 県埋蔵文化財センターは、加茂東原遺跡(東みよし町加茂)で、古墳~飛鳥時代の竪穴住居跡を含む、縄文時代から近世に至る生活の痕跡が見つかったと発表した。遺跡は吉野川のすぐ南で、担当者は「治水技術が十分でなかった時代は洪水の危険性も高かったとみられ、安定した時期に断続的な集落形成を繰り返した可能性がある。地域の歴史や居住環境を解明する出発点として重要だ」と話している。16日午前10時に現地説明会がある。【大坂和也】

 遺跡は吉野川と加茂谷川の合流地南西部にあり、「加茂の大クス」(国特別天然記念物)の北側。吉野川堤防…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです