特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会 首相「参加者 全額負担」 前夜祭など

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は15日、自身の後援会関係者が「桜を見る会」にツアー形式で多数出席していた問題について「(前日の)夕食会(『前夜祭』)を含め旅費、宿泊費など全ての費用は参加者の自己負担で支払われている。安倍事務所なり、安倍晋三後援会としての収入、支出は一切ない」と述べ、「政治資金規正法上の違反には全く当たらない」と強調した。首相官邸で記者団に語った。

 首相は「旅費、宿泊費は参加者が旅行代理店に直接支払い、夕食会は会場入り口の受付で安倍事務所職員が1人5000円を集金し、ホテル名義の領収書をその場で手交し、全ての現金をホテル側に渡す形で支払いがなされた」と説明。会費が相場より安く、事務所の補塡(ほてん)があった可能性を野党が指摘している点には「大多数が当該ホテルの宿泊者だという事情などを踏まえ、ホテル側が設定した価格」だと反論した。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文607文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集