メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

受精卵予測の幻想=青野由利

 <do-ki>

 20年前には100人に1人だった。それが10年ほど前に50人に1人になり、4年前には20人に1人になり、つい先日、日本産科婦人科学会が公表した2017年のデータでは16人に1人となった。

 体外受精で生まれる子どもたちの割合だ。

 「やがて小学校のクラスに1人か」と感慨深く思ったのもつかの間。あっという間に1クラスに2人の時代になった。晩婚・晩産化や施設の拡大によるものだろう。

 この先何人に1人になるかわからない。でも増え続けた場合に気がかりなことがある。「体外受精をするなら…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです