メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

平成と令和の連続性=保阪正康

「政治主導の退位」への懸念

 5月1日に天皇陛下が即位してから、7カ月近くの時間が過ぎた。10月22日の「即位礼正殿の儀」、先日の「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」も終えて、新しい陛下は、名実ともに第126代の天皇としての役割を果たしていくことになった。

 今回の代替わりは、近代日本の歴史の中では異例である。従来は、崩御、即位といった一連の流れに悲しみと緊張、期待などの入り交じった複雑な感情があった。ところが、生前退位ではこうした感情の揺れがあまり起きない。国民世論も率直な期待感をもって新天皇陛下を受け入れているといっていいように思われる。その一方で新しい試みが行われ、天皇の存在を国民の中に位置づけようとしたとの感も受ける。

 今のところ、天皇陛下の「おことば」は、全体に上皇陛下の「おことば」を継ぐ形になっており、基本的には平成と令和の連続性が確認できる内容だといえる。同時に、国民の間には、次のような懸念が生まれていると思う。

この記事は有料記事です。

残り1573文字(全文1989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです