メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村上春樹をめぐるメモらんだむ

新しい女性像と「善悪の同時存在」

 文芸誌「文学界」12月号に、村上春樹さんの新作短編小説「謝肉祭(Carnaval)」が掲載された。昨年から断続的に発表されてきた連作短編「一人称単数」の6作目に当たる。興味深く思われた点は二つある。女性の描き方と、「善悪の同時存在」という問題だ。

 冒頭、「彼女は、これまで僕が知り合った中でもっとも醜い女性だった」という、ちょっとショッキングな一文で始まる。「僕」は50代になってから10歳ばかり年下の「彼女」と出会い、いっぷう変わった意味で親しく付き合うようになる。もちろん「彼女」は単なる「醜い女性」ではない。というか、話は美醜の次元を超えた深みへ向かっていく。

 村上さんが、また一つ新しい女性のキャラクターを造り上げることに成功したと思うのは、長編「1Q84」…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです