連載

にほんでいきる

労働力不足から外国人受け入れを広げる日本。ですが、その子どもたちの権利は十分に守られていません。解決の糸口は。

連載一覧

にほんでいきる

外国からきた子どもたち ドイツは普通学級推進 語学教育に力

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
子どもや若者に向けたドイツ語教育について「州ごとにさまざまなプログラムがある」と紹介するドイツ連邦移民難民庁のホームページ=奥山はるな撮影
子どもや若者に向けたドイツ語教育について「州ごとにさまざまなプログラムがある」と紹介するドイツ連邦移民難民庁のホームページ=奥山はるな撮影

 特別支援学級に在籍する外国籍の子どもの比率が高い事例は、海外でも確認されている。ドイツでは1980年代末にトルコ人の在籍率がドイツ人の1・7倍だった。しかし、ドイツ語教育の体制強化や、障害児も通常学級で学ばせる「インクルーシブ教育」の導入で、格差が解消されつつある。

 「30年前のドイツにも日本と同じ課題があった」。ベルリンの壁が崩壊した89年から90年にかけ、ドイツでトルコ系移民の調査を行った同志社大の内藤正典教授は、こう指摘する。

 旧西ドイツの統計によると、87年、日本の小学校にあたるグルントシューレに通うトルコ人児童の17・5%が「特別学校」に在籍していた。ドイツ人児童は10・3%で、在籍率は1・7倍だった。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1237文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集