メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

サスティナブルファッション 環境配慮、生活にプラス

トークショーを行ったステラ・マッカートニーさん=ステラ マッカートニー提供

 安価な衣類を大量生産・大量消費する「ファストファッション」から、環境への影響を踏まえて持続可能性を重視する「サスティナブルファッション」に、ファッション業界が転換し始めている。原料の調達や製造に伴い、再生素材の活用など環境や人権に配慮した商品について、多くのメーカーが工夫し、情報発信を始めている。

 「ファッション業界は長年変わらずに来たが、新しい技術も誕生し、挑戦しやすい環境が整いつつある。サスティナブルをトレンドで終わらせるのではなく、当たり前にしていくことが重要」

 英デザイナーのステラ・マッカートニーさんは10月16日、大阪市内であったトークショーで語った。自身の名を冠したブランドは2001年の創業以来、サスティナブルファッションのけん引役となってきた。今回は約2年ぶりの来日で、若者ら約400人が会場に詰めかけ、関心の高さをうかがわせた。

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです