メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

サスティナブルファッション 環境配慮、生活にプラス

トークショーを行ったステラ・マッカートニーさん=ステラ マッカートニー提供

 安価な衣類を大量生産・大量消費する「ファストファッション」から、環境への影響を踏まえて持続可能性を重視する「サスティナブルファッション」に、ファッション業界が転換し始めている。原料の調達や製造に伴い、再生素材の活用など環境や人権に配慮した商品について、多くのメーカーが工夫し、情報発信を始めている。

 「ファッション業界は長年変わらずに来たが、新しい技術も誕生し、挑戦しやすい環境が整いつつある。サスティナブルをトレンドで終わらせるのではなく、当たり前にしていくことが重要」

 英デザイナーのステラ・マッカートニーさんは10月16日、大阪市内であったトークショーで語った。自身の名を冠したブランドは2001年の創業以来、サスティナブルファッションのけん引役となってきた。今回は約2年ぶりの来日で、若者ら約400人が会場に詰めかけ、関心の高さをうかがわせた。

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  2. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  3. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです