メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

「一汁一菜」を伝道 土井善晴さんの巻

対談する桂南光さんと料理研究家の土井善晴さん(右)=東京都千代田区で

 家庭料理の素晴らしさや楽しさを、柔らかな大阪弁で伝える料理研究家、土井善晴さん。3年前に出版した『一汁一菜でよいという提案』は、献立本の枠を超え、現代人の暮らし方そのものを問うた一冊として反響を呼びました。家庭料理の第一人者だった土井さんの父・勝さんと親交があり、料理教室の生徒でもあった桂南光さん。以前から「いっぺんお話ししてみたい」と思っていた土井さんと念願の対談を果たし、毎日の食事から世界の歴史を見通す土井さんの哲学に触れました。【山田夢留、写真・宮本明登】

この記事は有料記事です。

残り2571文字(全文2805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです