メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大卒就職内定76% 過去2番目の高水準

 文部科学省は15日、来春に卒業する4年制の大学生の就職内定率(10月1日時点)が76・8%だったと発表した。過去最高だった前年同期の77・0%を下回ったが、2番目の高水準となった。

 調査は1996年度にスタート。今回は全国の国公私立大や短期大などの112校から6250人を抽出して実施した。4年制大学生の男女別の就職内定率は男子が76・1%(前年同期比0・9ポイント減)、女子が77・6%(同0・6ポイント増)。文理別で見ると、文系は76・2%(同0・3ポイント減)、理系は79・3%(0・1ポイント増)だった。

 また、男子のみを抽出した高等専門学校は96・2%(同2・5ポイント増)、女子のみを抽出した短期大は40・6%(同2・2ポイント減)となった。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです