メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞・大村智さん生家、国登録文化財に 「根っこを作った建物、うれしい」

「大村家住宅」の前に立つ大村智さん=山梨県韮崎市教育委員会提供

 国の文化審議会は15日、山梨県韮崎市神山町鍋山の「大村家住宅」の主屋と土蔵の2件を国の登録有形文化財とするよう文部科学相に答申した。大村家住宅は2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した北里大特別栄誉教授の大村智さん(84)の生家。大村さんは「私の根っこを作った建物であり、大変うれしく感じている」とのコメントを発表した。登録されると県内の登録有形文化財(建造物)は142件となる。

 県教委学術文化財課などによると、主屋は1907(明治40)年ごろに建築され、大村さんは山梨大学卒業まで居住した。木造平屋建てで「切妻造桟瓦葺(きりづまづくりさんがわらぶき)屋根」と呼ばれる、この地域の近世農家住宅の伝統を受け継ぐ建物として「国土の歴史的景観に寄与している」と評価され…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 特集ワイド 池上彰さんと語る感染症 ジャーナリスト・増田ユリヤさん

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです